"Aitan"アイタン

【社名の由来】

消防設備点検業者の社名の大部分には「防災」「設備」などの関連ワードが入ります。しかし、当社は「従来にない防災企業を創りたい」という思いから、あえて関連ワードを用いず、業種を限定させない社名としました。
呼びやすく覚えやすいだけでなく、進取の気風を感じさせ、新しい防災業界のイメージを想起させることができればと思っております。
それだけでなく、創業者が宇宙物理学を好み、アルベルト・アインシュタイン博士の相対性理論に興味を持っていたことも、「アインシュタイン」を略して「アイタン」とする由来となりました。

"Aitan"アイタン

【社名の由来】

消防設備点検業者の社名の大部分には「防災」「設備」などの関連ワードが入ります。しかし、当社は「従来にない防災企業を創りたい」という思いから、あえて関連ワードを用いず、業種を限定させない社名としました。
呼びやすく覚えやすいだけでなく、進取の気風を感じさせ、新しい防災業界のイメージを想起させることができればと思っております。
また、創業者が宇宙物理学を好み、アルベルト・アインシュタイン博士の相対性理論に興味を持っていたことも、「アインシュタイン」を略して「アイタン」とする由来となりました。

事業内容

アイタンが取り組んでいる事業内容をご紹介します。

点検・メンテナンス

自動火災報知設備やスプリンクラー設備などの消防用設備は、普段は存在感が薄い反面、火災発生時にはその機能を確実に発揮させなければいけない重要な設備です。消防用設備は、消防法により定期的な点検が義務づけられています。防火対象物の規模や用途によって、有資格者(消防設備士または消防設備点検資格者)による点検と消防署長などへの結果報告が、防火対象物の関係者に求められています。

改修工事(故障個所が発覚した場合)

点検・メンテナンスで故障個所が発覚した場合、改修工事をいたします。この場合、消防署への報告後に改修工事が必要となりますので、事前に改修工事を行っていれば、報告作業がスムーズです。

事業対象

業務領域についてご紹介します。

対応設備一覧

【消火設備】

消火器および簡易消火用具、屋内外消化栓設備、スプリンクラー設備、その他各種消火設備、など

【警報設備】

火災報知器、非常警報設備、漏電警報設備、ガス漏れ警報設備、その他警報設備、など

【避難設備】

救助袋、避難はしご、避難ハッチ、誘導標識、誘導灯、緩降機、その他各種避難器具、など

【電気工事】

消火設備、警報設備、避難設備に伴う電気工事、など

対応エリア

首都圏および北関東エリア

※上記以外への出張対応も可能ですのでご相談ください。

点検・報告までの流れ

当社へのお問い合わせ方法からアフターサービスまでの流れを詳しくご紹介します。

(1)お申し込み

お気軽にお電話ください。消防設備に熟知した女性事務員が対応いたします。

(2)現場調査・見積書提出

営業担当が現地の建物を訪問して調査を行い、お見積書を作成します。

(3)テキスト

お見積書の内容にご承諾をいただけましたら、点検作業の日程調整を行います。
ご要望により、チラシ配布などもさせていただきます。

(4)点検作業の実施

消防法の定期点検制度に基づく消防設備点検を実施します。

(5)報告書の提出

点検結果報告書を作成し、お客様へ提出・説明します。

(6)消防署への代行提出

消防署への点検結果報告書の提出を代行することもできます。

(7)不具合の改善策をご提案

点検により不具合が見つかった場合は、改善策と工事内容、それに伴うお見積書を提案させていただきます。

(8)施工工事

不具合があった個所の修繕工事を実施。期間中は、施工監理を行います。

(9)完了

消防設備点検および修繕工事はこれで完了です。

(10)アフターサービス

点検・工事後でも不具合が発生しましたら、すぐにご連絡ください。
深夜・休日には緊急対応ダイヤルをご用意しています。

もっと詳しく見る